用語集

PHR

PHRとはPersonal Health Recordの略であり、米国診療情報管理学会は、PHRを次のように定義している。

「PHRとは、患者が保持する生涯に渡るカルテであり、患者の意思決定や医療の質向上に貢献するもので、医療機関だけでなく、個人からの情報を取得し管理するものである。また、PHRは、個人が主体的に用いるもので、アクセスの検討、管理も個人が行う。」

日本では、2011年5月に内閣官房が「どこでもMY病院構想」を発表した際にわが国で初めてその概念と方向性が整理されたが、本来の国際的なPHRの成立要件を満たしたものとは言えなかった※注1

国際的に事業モデルとしては、支払者主導モデル、医療機関主導モデル、薬局主導モデル、企業主導モデル等が存在する※注2
我が国でも患者からの情報を取得、管理等を行うPHRとしては、薬局が電子お薬手帳として取り組みを拡げ(アインお薬手帳、お薬手帳プラス他)、また企業主導でも様々な取り組みが始まっている(ライフパレットダイアベティス他)。

今後、より安価で使い易い通信やデバイス(スマートフォン、IoT他)の普及と標準化の推進等により、患者参加型医療のツールであるPHRは個人のエンパワメントのツールとしてより広く普及していくことが予想される。

また、類似した概念として、表1のようにEMR、EHR、Patient Portalがある。まずEMR(Electronic Medical Record)は現在使われている電子カルテの事であり、単独で1人の医師に使われるか、院内のみではあるが複数の医療者で共有される。

次にEHR(Electronic Health Record)はEMRが広域化して地域、或いは国家レベルで運用、共有されるものを指す。
EHRも基本的には医療者が中心的に利用することを想定している。

最後にPatient Portalは、PHRと患者が利用する点では類似するが、PHRを個人が主体的に管理するものであるのに対し、Patient Portalは、医療機関の情報やデータベースを個人がアクセス、閲覧するものであり、基本的には、医療機関、医師、医療者が主体となって管理するものを指す。※表1

以上

※注1)我が国におけるパーソナル・ヘルス・レコード(PHR)の定義に関するレビュー

※注2)糖尿病分野における PHR の課題と可能性:患者中心の医療を具現化するためのプラットフォーム型 PHR への再定義の試み

※表1)

Electronic Medical Record (EMR) 院内電子カルテ
Electronic Health Record (EHR) 広域電子カルテ
Patient Portal 電子カルテ情報を患者がアクセス、閲覧を可能にしたもの

 


当社でもPHRに関する調査、企画あるいは開発等のご支援をしております。
ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. 患者エンパワーメント
  2. リサーチキット(Research Kit)
  3. IoT IoT
  4. 地域包括ケア
  5. GoogleFit
  6. マイナンバー(医療等ID)
  7. 医薬品関連マスタ
  8. QOL
PAGE TOP