用語集

リサーチキット(Research Kit)

アップル社は、2015年3月に医療情報管理ソフトウエアのフレームワークである「リサーチキットTM」を発表した。
このソフトにより、研究者らはiPhone(アイフォーン)を使って患者の情報を収集することができるようになる。

リサーチキットは臨床研究を支援するための一種のプラットフォームになっている。
必要なのはiPhoneとiPhoneアプリとデータを格納するためのクラウドサービスのみであり、特別なハードウェアなどは必要ない。

アップル社は、「iPhoneは世界中で数億人が使用しており、医療研究に大きく貢献することが可能となる」と発表すると同時に「リサーチキットによって集められる臨床データにアクセスし、閲覧、活用することはない」とプライバシー面に関して厳格に運用すると明言している。
また、アップルは、他社も開発に利用できるよう、ソフトのソースコードを公開している。

疾病分野についてであるが、現時点では、喘息や乳がん、心臓疾患、パーキンソン病、糖尿病などを研究している医療機関が、リサーチキット上で動作するアプリケーションを開発している。

例えば、iPhoneアプリを使ってパーキンソン病の診断ができる。2つのボタンを交互にタップすることで、どの程度、敏捷にタップできたかどうかをもとに診断を行う。

また、iPhoneに向かって「アー」と声をだすことで、声帯の震えが正常かどうかも診断できる。
さらに、iPhoneをポケットに入れて歩くことで、身体の搖動を調べることができ、自らの状態を視覚的に把握することができる。

リサーチキットは同じくアップル社のヘルスキットと連動しているが、ヘルスキットは、先行して既に900以上の健康アプリ、フィットネス・アプリが開発されている。
患者の同意があれば、医療研究者は、ヘルスキットによって蓄積された歩数、カロリー、心拍数等のデータをリサーチキットと連動させて活用することができるため、各段に開発が楽になると言われている。

つまり、アプリ開発企業にもメリットがあり、そして患者は個人情報が保護され、必要に応じて研究結果がフィードバックされるなどのメリットがあり、研究者は、必要な規模の研究を安価で迅速に行えるという関係者にメリットがあるプラットフォームである。

以上

 


当社でもリサーチキット、ヘルスキット、或は同様の医療健康アプリ等に関する調査、企画、開発のご支援をしております。
ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. マイナンバー(医療等ID)
  2. 地域包括ケア
  3. 患者エンパワーメント
  4. QOL
  5. GoogleFit
  6. かかりつけ薬局
  7. Continua
  8. HealthKit
PAGE TOP