Vol. 8  Appleが医療の本丸へサービス投入(2) ~ ケアキット(Carekit)はビジネスとして立ち上がっていくのか ~ 


Vol.7でAppleが患者の自己管理用のプラットフォームの開始について前回のメドなびで書いた。(Appleが医療の本丸へサービス投入 ~ ケアキット(CareKit)で患者の自己管理 ~)ヘルスキット(HealthKit)、リサーチキット(ResearchKit)との関連やケアキット(CareKit)の概要などはこちらを参照頂きたい。CareKit

さて、アナウンスから約2ヶ月経ち、このオープンソースのプラットフォームを活用した具体的なサービスが徐々に形を現してきた。
①グローベイビー(Glow Baby)/②グローナーチャー(Glow Nurture):このアプリは妊娠出産から1歳までの成長の記録をトラッキングできる。ユーザー(お母さん)は、赤ちゃんの成長を産婦人科の医師や助産師、或は登録された家族達と共有することができる。

③ワンドロップ(One Drop):糖尿病患者が簡単に血糖値などのデータ管理を可能とする。また、空腹感、めまい等の症状も記録、トラッキングすることができ、それらのデータを担当医師へとレポートとして送信、共有することができる。

④スタート(Start):うつ病管理アプリ。まず簡単なうつ症状に関するテスト(PHQ-9)を受け、回復状況や副作用などを医師と共有することができる。

リサーチキット(ResearchKit)と同様、アップルは、ケアキット(CareKit)でもユーザー(患者)の個人情報を閲覧或は利活用することはしないとガイドラインに定めている。
また、アップルと同様、開発者も開発者以外の第三者とデータを共有することはできない。
加えて、診断や治療アドバイスをアプリ上で行うには、FDAによる医療機器(プログラム)としての認可を受けていることをアップルは条件としている。

このようにアップルの条件が厳しい分、ユーザーは安心してアプリを使うことができる。
ただ、データ利活用の制限が厳しい分、事業性のパターンは限定されると考えられる。

例えば、前述の「GlowBaby/GlowNurture」こそフリーミアムというビジネスの形態をとるが(そもそも妊娠出産のデータは、成長の記録そのものであり、患者のデータと機微性が少々異なるわけだが)、それ以外の「スタート」や「ワンドロップ」などは完全に診断や治療に触れる部分まで想定していると想定され、医療機器としての製造販売モデルを前提としているようだ。

ヘルスキット(HealthKit)登場後、そのオープンソースプラットフォームを活用して睡眠からジョギングといった手軽に健康増進を促すようなアプリが続々と登場したが、ケアキット(CareKit)に関しては、アップルが課す様々な制限から、しっかりと医療機器(プログラム)としてのビジネスモデルを視野に入れている企業が中心になるのではないかと想定される。

いずれにしても、日本ではまだケアキット(CareKit)の情報が限られており、日本での展開や拡がり等、その動向を継続的にウォッチしていきたい。
以上

この記事についてのご質問、またはご興味がありましたら、お気軽にこちらからお問合せください。