医療従事者と患者をつなげるサービス

病院完結型医療ICT

病院や薬局をはじめとする医療機関においては、電子カルテや服薬管理システムをはじめとしたICTによって情報が管理され、医療従事者から患者に対して、正確な情報が提供され続けています。

病院完結型医療におけるICTとは、このような医療機関で発生するヘルスケア情報を管理すれば十分でした。

しかし病院完結型医療から地域完結型医療へと移り変わっていく中においては、検査結果や投薬履歴などの情報は医療機関などで管理されていますが、日々の体重や血圧、血糖値などのバイタルデータや、さらには日々の運動や食事のデータ、痛みや気分などのデータなど、これまでは院内での把握が可能であった情報は基本的に患者の手元にあります。つまり、地域完結型医療においては、ヘルスケア情報は医療機関内のみでは完結しません。このような患者のみが持っている情報(=Personal Health Record/PHRデータ)は、どのように医療機関に伝わっているのかというと、主に、手帳やノートなどの紙媒体、そしてメールなどによる連絡などが主でした。

※PHRとは

患者の生活記録をもっと便利にするために、食事データや日々の体に関するデータ(バイタルデータ)などの記録を特化して、普段身に付けているスマホアプリから簡単に記録できるように、「食事パレット」や「からだパレット」などを提供し、患者の生活をより幅広く支援できるような「パレット」シリーズの提供を開始しています。そしてこの患者が蓄積したPHRデータをいかに簡単に、そしてセキュアに医療従事者に提供をするか、そして患者と医療従事者をつなげるかという視点で、当社では「パレットライン」サービスを立ち上げ、PHRデータの連携と患者と医療従事者のコミュニケーションを支援しています。

当社が提供する医療従事者向けサービス

パレットライン(医療機関向け)

img

患者はスマホにインストールされたからだパレット・アプリにおいて、日々のバイタルデータを記録する、もしくはBluetoothなどで自動連携された血圧計や血糖自己測定器などのデータを自動連携することができます。そのデータはクラウドを介して、医療従事者向け画面でリアルタイムに確認することができます。またチャットコミュニケーションなどを行うことができますので、オンライン診療や在宅医療、さらには企業の健康経営などでもご活用頂けるヘルスケアIoTサービスです。

詳しく見る(外部サイト)

パレットライン(管理栄養士向け)

img

日々の食事写真を食事パレット・アプリで撮影するだけで、クラウド環境に自動アップロードされますので、管理栄養士などの医療従事者はいつでも日々の食事状況を確認できます。管理栄養士向け画面では、食事名から栄養計算するための食事データベースを使うこともでき、利用者が登録した体重の推移や日々の歩数などもグラフで確認できますので、オンラインでの食事・栄養指導にご利用いただけます。

詳しく見る(外部サイト)

パレットライン(薬局向け)

img

薬局においては処方せん画像送信機能かかりつけ薬剤師向けにオンラインチャットやビデオチャット機能、さらには決済機能、からだパレット・アプリで記録されたバイタルデータ管理など、患者さんに対して新たな付加価値を提供するための様々な機能を提供しています。業務効率化を行った次のステージにおいて、患者に新たな付加価値サービスを提供(薬局向けデジタルトランスフォーメーションを支援)するための機能群を提供します。

詳しく見る

machi+ai(マチアイ)

img

処方せんのみでなく、様々な患者ニーズに応えられるようにしたいという薬局向けに開発されたサービスです。来局された患者は、お薬の受け取りのみなのか、栄養相談をしたいのかなどの様々な相談ニーズを受付用iPad端末でタッチするだけで希望の窓口を選択、呼出もiPad端末上で行えますので、患者さんのお名前も呼ぶ必要もなくなります。薬局外で待っていてもメールや、アプリなどでも呼び出しも可能ですので、感染症予防、3密対策にも最適です。

詳しく見る(外部サイト)

パレットライン(企業向け)

img

事業所に設置された血圧計や体重計などを使って、従業員における日々の健康管理を行うためのサービスです。ICカードによって個人を特定し、個人ごとの血圧や体重をクラウド上でセキュアに保管します。

詳しく見る(外部サイト)