Service

提供サービス概要

私たちメディエイドは、医療ヘルスケア・プラットフォームである「LiNQ-CIRCLE(リンクサークル)」を軸として、患者や健常な方向けには「LiNQ-Palette(リンクパレット)」アプリを、医療機関や薬局等には「LiNQ-Pad(リンクパッド)」サービス、さらにはオンラインとリアルをつなげる「LiNQ-Touch(リンクタッチ)」サービスを提供しています。また医療ヘルスケア領域でのアプリ提供を検討している企業様などには「医療ヘルスケアアプリ開発サービス」を、さらにゼロベースでデジタル・サービスを考える企業様向けには、医療ヘルスケアDXサービスコンサルティング・サービスや医療ヘルスケアDXシステム構築サービスを提供しております。私たちメディエイドではこれらのサービス提供を通じ、医療ヘルスケアDXの実現を支援していきます。

LiNQ-CIRCLE(リンクサークル)

メディエイドがこれまでPHR (PHR:Personal Health Record/パーソナルヘルスレコード)コミュニケーション・プラットフォームとして提供していた「ライフパレット・プラットフォーム」を全面的に見直し、2022年7月にリリースをしたヘルスケア・プラットフォームが「LiNQ-CIRCLE(リンクサークル)」です。これまでの患者がPHRデータを管理できるようにするという機能、そして患者と医療従事者・介護従事者などの医療ヘルスケア・ステークホルダーのコミュニケーションを実現する機能に加え、医療ヘルスケア・ステークホルダー同士が連携できる仕組みを追加し、提供をします。

医療ヘルスケアステークホルダーをデジタルでつなぐためには、様々な利便性の高いアプリ、サービスを提供していくことが肝要であると考えています。患者が自分の症状を記録し(PHR:Personal Health Record/パーソナルヘルスレコード)、その記録したPHRデータを患者同士で情報共有することもあれば、日々の症状を医療従事者に見せることで治療の意思決定につなげるということ、健康な方が自身の健康活動の状況を入れながら自身で振り返ること、場合によっては管理栄養士などに栄養指導をしてもらうなどのことなどがあります。 また患者などの一般の方々のみではなく、日々患者を診察している診療所の医師が病院の専門医に専門外の領域のことで相談をする、薬剤師が医師に対して服薬後における患者の状況を報告する、在宅医療の現場において医師や看護師、薬剤師といった医療従事者、さらにケアマネジャーや介護福祉士といった介護従事者と連携を行えるようにするといった多職種連携を行うなどの様々なコミュニケーションルートを作る必要があります。

そのような背景において、私たちメディエイドではリンクサークル・プラットフォーム上において、メディエイドが患者や健常者な方向けに提供するLiNQ-Palette(リンクパレット)アプリ、医療従事者や介護従事者など医療ヘルスケア・ステークホルダーに提供するLiNQ-Pad(リンクパッド)サービス、医療機関や調剤薬局などリアルの場で患者がタブレット端末をタッチして利用するサービスLiNQ-Touch(リンクタッチ)サービスなどを提供します。このようなサービスを提供するにあたり、リンクサークル・プラットフォームにおいては以下を提供します。

  1. 医療情報ガイドラインに沿った高いセキュリティ
  2. 患者向け共通機能
  3. ステークホルダー向け共通機能

また全てのアプリをメディエイドが開発し提供していければ良いのですが、時間的にも、リソース的にも現実的ではありません。メディエイド自身も様々なサービスを提供していけるようにしながらも、そこで使われる様々な基本機能をPHRコミュニケーション・プラットフォーム「リンクサークル・プラットフォーム」上で提供することで、メディエイド以外が提供する医療ヘルスケアアプリでもその基本機能を利用して、より低コストかつ短納期で医療ヘルスケア・アプリ開発ができるように支援していきます。また後述する「LiNQ-Palette(リンクパレット)」アプリ上で提供される様々なアプリを組み合わせることで、より柔軟で高機能なオリジナルの医療ヘルスケアアプリの提供も可能とします。

■ LiNQ-CIRCLE(リンクサークル)と連携するアプリ事例紹介

LiNQ-Palette(リンクパレット)アプリ

PHRコミュニケーション・プラットフォーム「リンクサークル」に接続し、患者や健常者な方々が利用することを目的として開発されたメディエイド提供の医療ヘルスケアアプリ群がパレットアプリ・シリーズです。パレットアプリ・シリーズでは、食事記録をするアプリ(食事パレット)やバイタル管理をするアプリ(からだパレット)、お薬手帳機能を提供するアプリ(お薬パレット)などを提供しています。また薬局や医療機関との連携が可能で、食事パレットやからだパレット、お薬パレットをオールインワンで提供するアプリはLiNQ-Palette(リンクパレット)アプリとして提供する予定です。(2022年12月予定) なおメディエイド提供の医療ヘルスケアアプリ群であるパレットアプリ・シリーズは、他の企業様において開発したリンクサークル・プラットフォームに接続した医療ヘルスケアアプリにおいても、1つの医療ヘルスケア機能として部分的に提供することが可能ですので、アプリ再利用によって、アプリ開発費用低減や期間の短縮化を実現していきます。
(例:バイタル管理機能をがん患者さん向けアプリに組み込むなど)

メディエイドの提供するLiNQ-Palette(リンクパレット)アプリ

■ 食事パレット

食事記録をするためのアプリ。食事マスタを使ったカロリーや栄養素の記録が可能。AIによる食事画像での栄養素計算も可能。体重管理を行うために体重・体脂肪率の記録、歩数の記録も行える。

■ からだパレット

バイタル記録をするためのアプリ。血圧や体重、体温、血糖値、歩数や睡眠などの測定結果の記録が可能。特定の機種であれば、これらのデータについての自動連携も可能。

■ お薬パレット

電子版お薬手帳アプリ。JAHISの二次元コードの読み取りの他、医療機関マスタや薬剤マスタを利用した手入力の手間を減らした記録機能も提供しています。
※LiNQ-Paletteアプリでは、処方箋送信機能やオンライン服薬指導、服薬中 フォオー機能などと融合する予定です。

LiNQ-Pad(リンクパッド)

PHRコミュニケーション・プラットフォーム「リンクサークル」に接続し、医師や薬剤師、管理栄養士などの医療従事者、ケアマネジャーや介護福祉士などの介護従事者、さらには企業や健保組合、製薬企業、医療機器メーカーなど様々な医療ヘルスケア・ステークホルダー向けに提供するサービスです。 LiNQ-Pad(リンクパッド)サービスは、リンクパレット・アプリを利用する各利用者とのPHRデータの共有や、利用者とのチャットをはじめとしたコミュニケーションを実現します。 また薬剤師から医師へのトレーシングレポート機能の実現や、診療所の医師から専門医への相談を可能とする医師同士のコミュニケーション機能(D2Dサービス)、さらには在宅医療の現場における医療従事者・介護従事者さらには家族をも含めた多職種連携、製薬企業MRと医師をつなぐなど、医療ヘルスケア・ステークホルダー同士のコミュニケーションも実現していきます。

現在提供中のパレットラインサービス

■ 薬局向け(現薬局パレットライン)

患者から送信された処方箋画像の管理や調剤完了後にメッセージを送る機能、患者のお薬手帳データを参照する機能、オンライン服薬指導機能、服薬中フォローアップ機能などを提供しています。また患者が記録したバイタル記録データや食事記録データなどの管理も可能で、ECサイトによる商品販売提供なども可能です。

■ 食事指導向け(現食事パレットライン)

患者の記録した食事写真データや栄養素データをもとにして、オンラインでの食事指導を実現します。食事記録データの一覧化やタイムライン上での食事についてのコメントなどが可能です。また患者の記録した食事写真・栄養素データ以外にも、体重や運動(歩数)や睡眠状況なども把握することができ、血圧や血糖値、体温といった日々のバイタルデータの参照も可能ですので、疾病管理の場面においてもご利用いただけます。

■ 医師同士のコミュニケーション機能(D2Dサービス)

医師と医師の間をつなぐためのサービスです。地域医療機関の予約からオンライン面談やファイル共有、そして面談結果の共有までを行えるようにします。
本サービスをご利用頂くことで、地域医療機関が判断に迷う症例や治療が難しい症例などを、オンラインにて大学病院や専門病院の医師に相談してもらうことが可能となります。

LiNQ-Touch(リンクタッチ)

医療ヘルスケア領域においては高齢者も多く、全てをデジタルでカバーすることは難しいと考えています。そこでオフライン(リアル)の場においてオンライン(デジタル)を取り入れながら、患者と医療ヘルスケア・ステークホルダーに利便性を提供していきます。

■ 順番管理向けLiNQ-Touch(リンクタッチ)

順番管理向けLiNQ-Touch(リンクタッチ)では、医療機関や調剤薬局において、待ち状況を見える化するための順番管理機能を提供します。受付用iPad端末にタッチすることで受付が完了し、受付番号が発番されます。診察時や調剤完了時の呼び出しには、専用のPC管理画面において呼び出したい受付番号の「呼び出し」ボタンを押すだけで、呼出用iPad端末に呼び出し番号が表示されます。音声での呼び出し機能や、また医療機関や調剤薬局の外で待っている患者さまにはメールを登録しておいてもらうことで、メールでの呼び出しも可能です。

医療ヘルスケアDXシステム構築サービス

医療ヘルスケア領域における開発プロセスを一気通貫で行います。ビジネス・フロー設計、システム要件定義、そして基本設計以降の工程、さらにシステム保守・運用、サービス運用までを一気通貫で対応し、新たなシステム構築を構築します。これまでメディエイドが携わった医療ヘルスケアDXサービス構築事例を以下に紹介します。

医療ヘルスケアアプリ開発サービス

メディエイドでは、PHRコニュニケーション・プラットフォーム「リンクサークル」に接続する医療ヘルスケアアプリ開発をしております。同プラットフォームに接続可能なアプリ開発とすることで、①3省2ガイドラインに沿ったセキュリティ対策の実施、②リンクパレット・アプリやその他リンクサークル・プラットフォームに接続する医療ヘルスケアアプリ提供のために開発された共通機能(例:会員登録機能など)の活用が可能です。さらには③リンクパレット・アプリなどのヘルスケアアプリで提供される各アプリ機能を組み合わせたオリジナルアプリ開発も可能としており、効率的なアプリ開発を行えるようにしています。

また医療ヘルスケアアプリをリリースした後においても、クイックなアプリ改修とリリースを行えるようなアプリケーション・アーキテクチャを採用していますので、リーンな開発プロセスを構築しております。これによりリリース後におけるアプリ利用者からの声を聞いたクイックな仕様の改修も可能となります。

なおご要望によってはメディエイドの提供するリンクサークル・プラットフォームに接続することなく、独立したヘルスケア・アプリを開発したいというニーズもあると思いますので、そのようなニーズにも柔軟に対応させていただきます。

医療ヘルスケアDXコンサルティング

医療ヘルスケア領域におけるデジタルサービスをご検討されている企業様や団体様向けに、まだサービス内容やシステム要件などが明確になっていない場合などにおいて、様々なご支援をさせていただきます。
例えば、以下のようなご支援をさせて頂きます。

・ヘルスケア・デジタルサービスの提供スキーム検討

  •  - 検討しているヘルスケア・デジタルサービスについての提供内容の検討支援を行います。
  •  - 弁護士等と連携を通じたステークホルダーとの関係の整理や法的な担保の支援を行います。
  •  - 他のサービスとの比較調査などを通じた、ポジショニング等の検討支援を行います。

・出来上がりのアプリ機能や画面イメージの検討

  •  - 検討中のデジタル・サービスにおける提供機能や画面イメージをより具体化するためのワイヤーフレーム作成や、UI/UX作成を支援します。
  •  - 最終的に提供するアプリのイメージをより明確化するために必要に応じてアプリ・デザイン制作なども対応いたします。

・運用やセキュリティ等を考慮したシステム構成イメージ

  •  - 提供するアプリ機能によって、どのようなアプリ提供方法とするべきか(Nativeアプリ、Webアプリ等)、どのような外部サービスを利用して実現すべきかというシステム全体図の作成を支援させていただきます。
  •  - 機微情報である医療ヘルスケアデータを保管する必要が出てくるため、必要に応じて、セキュリティを考慮したクラウド構成検討などもさせて頂きます。
Recruit
メディエイドでは、一緒に新たな医療ヘルスケア社会基盤の創出を目指す仲間を探しています。
医療ヘルスケア・プラットフォームを、
そして様々な医療ヘルスケア・デジタル・サービスを一緒に創っていきましょう。